オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

尾道市浦崎町で谷部分とゆがんで排水がうまくいかない雨樋の交換工事完了しました。


今日は前回調査に伺った、尾道市浦崎町の雨漏り修繕工事の様子をお伝えします

前回の調査でわかったことは、谷部分の劣化でコケが生えていた穴が開いていることがわかりました。また、雨樋も経年劣化により排水がうまくできていないため、お客様には谷部分の交換と雨樋の交換をご提案し今回の工事に至りました。

前回の雨漏り調査の様子はこちらをごらんください尾道市浦崎町にてセメント瓦の雨漏り調査

まず最初に雨漏りの原因である谷部分の解体をします

雨漏りの原因谷写真
まず初めに、経年劣化で黒いコケができていたり穴が開いてしまっていた谷部分を解体します。

谷付近の瓦を取り除いて、下地の確認を行います。
屋根の谷付近の瓦を取った写真
谷に重なっている瓦を何枚か取り除きました。

青い滑り台のようなものが谷です。
昔は谷部分に銅板が使われるのが主流でした。
ですが、銅だと酸化しやすかったり長年雨が当たることで穴が開きやすくなります。

現在ではカラーステンレスを谷部分に使うことが多くなっています。
屋根の谷付近の瓦を取った写真
別角度の写真です。
写真手前に見える木の部分は下地の防水紙が剥がれてしまっています。
防水紙も全体的に劣化が見られるため、新しくしないといけません。
屋根の谷付近の瓦を取った写真
谷銅板をはがした写真です。

やはり谷からの浸水で、周りの防水紙も破れていました。
谷部分の交換だけではなく、防水紙も新しく張り替える必要があります。

谷付近の防水紙を新しくして谷銅板をカラーステンレスに変えました!

谷付近の防水紙写真
ピンク色で見えるのが、新しくした防水紙です。

瓦の下に新しい防水紙を張ることで、雨水の侵入を防ぎます。

その後、新しいステンレスの谷部分を取り付けました。
カラーステンレスの谷取り付け
カラーステンレスの谷取り付け
カラーステンレスの谷取り付け
カラーステンレスの谷取り付け
カラーステンレスの谷取り付け
職人の手で新しい防水紙、そしてカラーステンレスの谷ができました。

銅板の谷よりも、ステンレスで今までより丈夫になりました

より詳しい谷工事のことがこちらにも書いてあります☞最も雨漏りしやすい谷板金の修理方法

ゆがんでいた雨樋も交換しました

before1
雨樋の劣化写真
雨樋が経年劣化で、ゆがんでいたため雨水の排水がうまくできなくなっていました。
vertical
after1
雨樋交換後写真
全ての雨樋を新しいものと取り替えました。

こうすることで、屋根に落ちた雨水が雨樋に落ち、正しく家の下に排水されます!

雨樋は非常に大切な役割があります。
我が家の雨樋は大丈夫かな?家の周りに木があるけれど、雨樋と何の関係があるの?と思われた方!
ぜひ、こちらの記事も参考にしてみてください☞雨樋はとっても重要なんです
before1
谷交換前写真
銅板谷部分、交換前の写真です
vertical
after1
谷交換前写真
カラーステンレスに交換後の谷の写真です

屋根と同じ青色のカラーステンレスにしたので、印象もとてもよくなりました
お客様にもご満足いただけて、よかったです。ありがとうございました!

私たち街の屋根やさん福山店では、新型コロナウィルス予防対策として、マスクを着用して調査を行わせていただいおります。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋修理

福山市にお住まいのお客様より雨樋修理のご依頼をいただきました。詳しくお話しを伺ってみると、雨樋がちゃんと機能しておらず、排水がうまく出来ていないようでした。現地で雨樋の調査を行い、お客様とのご要望から雨樋修理をおこなうこととなりました。今回...........

ベランダ屋根

福山市にお住まいのお客様よりベランダ屋根の波板交換のご依頼がありました。「台風でベランダ屋根の波板が一部飛んでいった。古いのでベランダ屋根の波板交換をしてほしい。」とのことでした。波板が一部飛んでいるとのことなので早速現地調査にお伺いしまし...........

カバー工法前の現地調査

福山市にお住まいのお客様より、「倉庫の隙間からこうもりが侵入してきて困っています。屋根全体も老朽化しているので、一度調査に来てください。」というご連絡をいただきました。大変お困りのようでしたので、さっそく現地調査に行ってまいりました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん福山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-886-332