オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ガルバリウム鋼板・トタン・ブリキの歴史


今回は金属屋根に使われている・使われていた。ガルバリウム鋼板・トタン・ブリキについて説明したいと思います。ブリキは、12世紀に初めてブリキは作られたといわれております。ブリキはスズを鋼板にメッキしたものを指します。

ブリキとは

ブリキジョウロ
ブリキは、12世紀に初めてブリキは作られたといわれております。ブリキはスズを鋼板にメッキしたものを指します。屋根材としては使われることはないですが。歴史はとても長く身近なものでは、昔はおもちゃに使われてましたが、今では食品缶詰等で主に使われております。

トタンとは

トタン
トタンは、亜鉛を鋼板にメッキしたものを指します。
1872年に初めて日本で採用され
波板形状に加工することにより強度をまし、屋根・壁ともに使用されておりますがその中でも3種類あり、
現在私の住む福山市ではトタンを採用している住宅は少ないです。
トタンのメリットは瓦と比べとても軽量だというところです。ですが、錆が出ると広がりやすく、耐熱性が低く夏は室内の温度が高くなってしまうこと、雨音が反響して大きく聞こえてしまうというデメリットがあります。

ガルバリウムとは

カラーガルバ葺き
ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で作られている亜鉛合金メッキ鋼板の商品です。簡単に言うと鋼板の上にメッキが加工してある。
1972年にアメリカのベスレヘム・スチール社で開発されました。
耐久年数が高く30年もつといわれてます。金属なのに錆に強いというところがこの耐久年数を高めているます。
特徴は、軽く・丈夫・錆びにくいところです。

2013年にはガルバリウム鋼板をさらに進化したSGL(次世代ガルバリウム)が日鉄住金鋼板から作られ、メッキ成分にマグネシウムが加えられたことにより防錆効果が高くなったことにより、ガルバリウムより耐久年数3倍も伸びたといわれております。今後はSGLが金属屋根で多く採用されるのではないかと思います。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん福山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-886-332