オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

福山市内海町にてセメント瓦の雨漏り依頼の調査に行ってきました。


福山市内海町のお客様から天井にシミができていて、雨漏りじゃないかと思うので見てほしいとお問い合わせをいただきました

雨漏りに気づくときは
天井にシミができている
天井のクロスが膨らんでいる
天井が落ちてきた! 
この3点で気付く場合が多いですね。

さて、現地調査に伺い屋根を確認しました。


セメント瓦は年数はたっていますが、特に目立つ割れた瓦も見当たらず再度家の中での雨漏りの箇所とに屋根の場所を確認したところ…
セメント瓦現状写真
セメント瓦の現在の状態です
セメント瓦現状写真
この写真で、雨漏りの原因となる箇所が映っていますがみんさんわかりますか?
セメント瓦現状写真
セメント瓦現状写真
黒くなっているこの部分、これはコケ屋根の谷部分にできているのがわかります。

屋根にコケなんてできるの?と聞かれますが、コケというのはわずかな水分でもぐんぐん成長します。

そして成長したコケは、さらに水分を含み、谷部分の隙間にでいることでジワジワと水分を中に浸透させています
セメント瓦アップ写真
谷部分の近づいた写真です。
セメント瓦と谷の隙間に黒いコケ、そして写真ではわかりづらいですが谷には穴も開いています。
雨樋の劣化写真
これは雨樋の写真です。
金具が劣化し錆びて、隙間も空いています。

このような雨樋の状態だと、本来なら屋根に降った雨を下に流す役割があるのが役割を果たさなくなります
雨樋の劣化写真
雨樋を横目から撮りました。

この写真でわかりにくいですが、実は雨樋全体が斜めになっていて波打っているようにゆがんでいます

雨樋の劣化写真
本来なら上の矢印の方向に排水がされないといけないですが、ゆがんでいるため下の矢印、間違った方向に水が流れてしまっています

今回の雨漏り修理のご提案

今回は谷部分の劣化、コケによる雨漏りだと考えられるため
谷部分の交換と雨樋の交換もご提案させていただきました。

谷部分というのは、雨水が集まって排水される重要な部分のため
定期的なメンテナンスが必要になります!
こちらの記事もぜひご参考にしてみてください

雨樋の役割についてもこちら


私たち街の屋根やさん福山店では、新型コロナウィルス予防対策として、マスクを着用して調査を行わせていただいおります。ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い致します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

室内解体

前回【福山市津之郷町で瓦棒屋根の雨漏り調査を行いました】のお客様の続きで、今回は工事になります。パラペットを撤去する方法に決まったので、今回は瓦棒屋根葺き替えと一部パラペット撤去し軒を出し樋付け、一室解体をさせて頂きました。

雨漏り

福山市津之郷町にお住まいのお客様から空き家の雨漏りをみて頂きたいとお電話頂き調査を行いました。雨漏りされているのは過去に増築された増築部分で屋根はパラペットで囲われた瓦棒屋根でした。

屋根足場

福山市清水ヶ丘にて前回調査をおこない今回は工事をさせて頂くことになりました。工事を開始するのにあたり足場を設置する必要があります。今回は作業する屋根の勾配が7寸あるので、屋根の上にも足場が必要になります。(屋根の傾斜を表すのに'寸'という表...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん福山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-886-332