オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

尾道市にて住宅の防水工事を行いました|防水工事4種を比較!


前回、尾道市で防水工事前の雨漏り調査に伺いましたお客様のご希望により
住宅屋上の床を全面、ウレタン防水の防水工事をすることとなりました。
 ↓↓前回の防水工事前の雨漏り調査の様子はこちら↓↓
尾道市のお客様の住宅はウレタン防水の防水工事をさせて頂くことになりましたが、
防水工事にはウレタン防水の他にも種類があるのをご存知でしょうか。
    

   今回、尾道市のウレタン防水の防水工事の様子と       
    防水工事の種類や特徴を合わせて解説いたします! 

◆防水工事の種類や特徴

一般的によくされる防水工事にはウレタン防水FRP防水シート防水アスファルト防水があります。
防水工事の種類
 ウレタン防水 
◆床面にウレタン樹脂を塗り上げる工事。厚みを作ることで防水効果を発揮させる◆
特徴:複雑な形状にも施工可能
工法:密着工法・通気緩衝工法
施行箇所:一戸建てのベランダ(密着工法の場合)
     バルコニー、陸屋根、雨漏りしている箇所(通気緩衝工法の場合)
耐用年数:8~10年程
コスト:安価

 FRP防水 
◆ポリエステル樹脂をガラス繊維で補強する工法◆
特徴:軽量で、頑丈であり衝撃に強い。耐久性・防水性に優れている。
工法: -
施行箇所:一戸建ての屋上、ベランダ
耐用年数:10~12年程度
コスト:高価

 シート防水 
◆床面にゴムや塩化ビニールでできたシートを接着剤や専用の金物で固定する方法◆
特徴:防水材を乾燥させる時間がいらない。広い面積を一気に出来るためコストや工期を短縮できる
工法:塩ビシート防水・ゴムシート防水
施行箇所:ビルや商業施設の屋上、アパートマンションの共用部   
耐用年数:10~15年程度
コスト:安価

 アスファルト防水 
◆合成繊維不織布にアスファルトをコーティングしたルーフィングと呼ばれる材料を貼り重ねる工事◆
特徴:耐久性・水密性・耐荷重性に優れている
工法:トーチ工法・熱工法・常温工法
施行箇所:ビルやマンションの大規模建築   
耐用年数:15~25年程度
コスト:高価
防水工事の種類

◆ウレタン防水とは

ウレタン防水とは液体状のウレタン樹脂を塗り、防水層を作る工法です。
ウレタンは台所用スポンジやクッションなどにも使われ、身近なものとなっています。
ウレタン防水とは
◆メリット◆
①継ぎ目がない仕上がり
 塗料を塗るウレタン防水は仕上がりに継ぎ目がありません。
 そのため、シートが剥がれるかも、施工不良等による隙間から
 雨漏りを起こすかもといった心配がありません。

②施工に凹凸が関係ない
 液状の樹脂を塗りつけるウレタン防水は、切って貼ってという作業がありません。
 凹凸部分には塗料を塗ればよいだけなので、段差や複雑な形状も施工可能です。

③軽量
 防水層が軽量のため、建物に負担をかけません。

④メンテナンスが比較的安価
 ウレタン防水は施工後、表面保護のためにトップコートを塗布しています。
 このトップコートは5年程度で塗り替える必要がありますが、
 その分ウレタン防水で形成した防水層は 傷みにくくなるため、
 このメンテナンスにより15年程度は問題なく生活することができます。

⑤重ね塗りができる
 シート防水の場合は経年劣化によって剥がれやめくれを起こしてしまうこともあります。
 そうなると、そのシートを剥がして施工しないといけないため、
 手間も費用もかかります。しかしウレタン防水は塗料のため表面を高圧洗浄等で
 綺麗にしさえすれば重ね塗りをすることが可能です。
 材料の処分費用も発生しないためエコなメンテナンスができます。
 
◆デメリット◆
①施工において難易度が高い
 ウレタン防水は職人が塗料を手作業で塗っていきます。
 均一に仕上げるには熟練の技術が必要です。
 平滑に仕上げられなかった場合、雨水が排水口に流れない・水たまりができる、
 薄く塗った箇所からの雨漏りを起こしてしまうため、
 塗料を塗る=簡単ではないということがいえます。

②乾燥が遅い
 ウレタン樹脂は施工後の乾燥に時間がかかるため、行程に余裕をもつ必要があります。

◆耐用年数◆
 8~10年程度(メンテナンスによる)

◆メンテナンス頻度◆
 5~6年ごとにトップコートの塗り直し

◆仕上がり◆
 弾力性のある床。繋ぎ目のない仕上がり。

◆工法◆
 ◎密着工法
  戸建住宅のベランダなどの狭い部分に向く

 ◎通気緩衝工法
  広い屋上や、雨漏りしている面の改善に向く
用途・目的・施工箇所を選ばないウレタン防水ですが、施工方法には密着工法通気緩衝工法
2種類があり、劣化状態によって防水方法を決めることをおすすめします。
密着工法と通気緩衝工法の違いを簡単にご紹介します。

 ◎密着工法 
 ウレタンを下地に直接塗る工法です。
 新築や劣化の程度が軽い場合に使用します。
 比較的早く施工できるため工期も短く費用も安価です。
 しかし、下地に密着している分、下地の影響を大きく受け、
 防水層にひび割れが生じる可能性もあります。

 ◎通気緩衝工法 
 下地と密着させない防水方法です。
 その分、下地の影響も受けにくいため水分が残っている下地にも
 施工することが可能です。
 特徴的なのは下地に通気緩衝シートと呼ばれる無数の穴があいたシートを貼り
 密着を防ぐこと、そして通気緩衝シート部分に溜まる水蒸気を
 脱気盤・脱気筒から排出することで防水層の膨れを防ぐことです。


**************************************************

そして、今回尾道市でのウレタン防水の防水工事は

▲屋上の面積が広いこと
▲屋上から下の階へ雨漏りをしていること
▲築年数が15~20年経っていること から

通気緩衝工法を用いたウレタン防水を採用致しました。

◆尾道市でのウレタン防水の防水工事工程

今回行なうウレタン防水の防水工事の工程はこちらです。
防水工事工程表
それでは尾道市のウレタン防水の防水工事を見ていきましょう!

◆ウレタン防水の防水工事の様子

ウレタン防水の防水工事前
防水工事に入る前の様子です。
パッと見は雨漏りの原因があるようにみえません。

しかし、前回の調査(調査記事はこちら)で分かったように、床をよく見てみると、
床に大きな切れ目があったり、隅には何箇所も穴があいていました。
今回の工事でしっかりと防水をしていきましょう。
防水工事でウレタンを剥がす
防水工事
平場といわれる床の部分の古い塩ビシートを全て剥がしていきます
防水工事ドレンの交換
ドレン(排水口)の金物も古いため、新しいものに取り替えます。
今回は、古い塩ビシートを剥がすと同時に金物を取りました。
防水工事ウレタン撤去
平場の古い塩ビシートを全て剥がしました。

そして、プライマー処理(密着性を高める下塗り)を施します。
防水工事通気緩衝シート
ウレタン防水自着シート
プライマー処理をした後、通気緩衝シートを敷きます。
そして、シートの一部を切り抜き、脱気筒を取り付けます。

前述した通り、工程は
下地⇒プライマー処理⇒通気緩衝シート⇒脱気筒
⇒ウレタン1層目⇒ウレタン2層目⇒トップコート
という順番になります。

この通気緩衝シートがあることによって、下地に含まれた水分は一時的にシートに溜まります
そして、取り付けた脱気筒から、その水分が逃げていきます
脱気筒のおかげで、ウレタンの膨れを防ぐことができ、防水が長持ちします
ウレタン防水
防水工事脱気筒
通気緩衝シートの上からウレタンを塗布します。
一回目を塗布した後、もう一度塗布します。
ウレタン防水の防水工事
きれいな仕上がりになりました。
職人の技術と経験の高さがみられます。
防水工事トップコート
最後に表面を保護するトップコートを塗り、防水工事完了です
before1
防水工事前
vertical
after1
防水工事後
これで、下の階への雨漏りの心配もなくなり、快適に過ごすことができます。
そして、見た目もガラッとかわり綺麗になったことから、
「全面的に防水工事をして良かった。」とお客様の安心感が増しました。

一部だけ防水工事をすれば大丈夫な場合もあれば、
広い範囲の防水工事をした方が良い場合もあります。

また、今回はウレタン防水の防水工事でしたが、
その場所の状況や工期、ご予算などに合わせて、他の工法で防水工事をする場合もあります。


街の屋根やさん福山店では、現地の状況をしっかりと把握し、
お客様のご要望やご希望に寄り添えるよう努めております!

防水工事のみならず、建物のお困りごとがございましたらぜひご連絡ください。

街の屋根やさん福山店スタッフ写真
街の屋根やさん福山店
お電話でのお問い合わせ0120-886-332
メールでのお問い合わせはコチラ
◆ウレタン防水について関連記事・関連動画もぜひご覧ください。  

お悩みごと・お困りごとがございましたら        
 『街の屋根やさん福山店』までお気軽にご連絡ください。 

◆私たち街の屋根やさん福山店では、新型コロナウイルス予防対策として、
 マスク着用をして調査を行わせて頂いております。          
 皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。            

同じ工事を行った施工事例

施工事例

福山市にて屋上防水工事FRP防水からウレタン防水へ

屋上防水工事前
屋上防水工事後
工事内容
防水工事
3階建て
使用素材
築年数
約40年
建坪
保証
工事費用
施工事例

尾道市因島土生町の宿泊施設にて屋上シート防水の補修工事を行いました

ブチルテープによる応急処置
作業完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
商業施設
使用素材
防水用ゴムシート、ブチルテープ、コーキング、トップコート材
築年数
50年
建坪
保証
工事費用
4万円
施工事例

尾道市因島土生町にて宿泊施設屋上シート防水の部分補修を行いました

既存屋上防水
after
工事内容
防水工事
使用素材
防水用加硫ゴムシート、ブチルテープ、コーキング、トップコート
築年数
48年
建坪
保証
工事費用
約13万円

同じ地域の施工事例

施工事例

尾道市で谷板金工事紹介します|谷を銅板からカラーステンレスへ

谷交換前写真
谷交換前写真
工事内容
雨樋交換
使用素材
カラーステンレス
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

尾道市因島土生町の宿泊施設にて屋上シート防水の補修工事を行いました

ブチルテープによる応急処置
作業完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
商業施設
使用素材
防水用ゴムシート、ブチルテープ、コーキング、トップコート材
築年数
50年
建坪
保証
工事費用
4万円
施工事例

尾道市因島土生町にて宿泊施設屋上シート防水の部分補修を行いました

既存屋上防水
after
工事内容
防水工事
使用素材
防水用加硫ゴムシート、ブチルテープ、コーキング、トップコート
築年数
48年
建坪
保証
工事費用
約13万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒葺き屋根工事前写真

尾道市での屋根のメンテナンス、どこに頼もうかな~とインターネットで調べてみたものの、たくさん業者があってわからない!!インターネットでは発信しているけど、実際の工事はどのようにしているの?どんな人が来るの?そういった疑問や不安を解消するため...........

防水工事前の雨漏り調査

尾道市にお住まいのお客様より「壁紙が剥がれるほど雨漏りがすすんでいる。住宅の屋上の防水が寿命かもしれないので、一度調査に来てください。」とご相談があり、尾道市へ現地調査へ向かいました 部分的な防水工事にするのか、全面的な防水工事が必要なのか...........

バルコニー

福山市にお住まいのお客様よりご依頼をいただき、インナーバルコニーからの雨漏りの調査にうかがいました。インナーバルコニーには屋根が架かっているので油断しがちですが、風によって雨水や砂埃が吹き込みます。排水がうまくいっていなかったり、経年による...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん福山店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-886-332